Solar Panel Roof Mounting Systems
ニュース
両面太陽光モジュールの関税が復活
バイデン政権は、以前は特定の太陽光パネルがトランプ時代の15%の関税を回避することを可能にしていた両面太陽光パネルの免除を廃止するなど、いくつかの太陽光パネル関連の政策を詳述したファクトシートを発表しました。この関税の復活により、商業、産業、および公益規模の太陽光発電プロジェクトのコストが1%から2%増加すると予想されています。

国内の太陽光パネル組み立て産業を支援するため、セクション201関税に基づく輸入太陽電池の上限が5GWから7.5GWに引き上げられました。この措置は、新興の太陽電池生産を阻害することなく、発表された125GWの太陽光モジュール組み立て製造能力を支援することを目的としています。

政権はまた、太陽光産業に重点を置いており、製造基盤を拡大し続ける計画であることを改めて表明しました。一部の推定によると、現在米国には100GW以上の太陽光パネルが保管されており、2023年末までに45GW以上になると予想されています。

オンライン サービス

+86 158-5821-3997

+86 181-3055-8250

leave a message
welcome to bluesun

ホーム

製品

Skype

WhatsApp